So-net無料ブログ作成
検索選択

桃の節句 [美味しいこと]

先週の土曜日は、お雛まつりでしたね。
それにちなんで、和歌山淡嶋神社 へ行ってきました。
DSC00031.JPG
どうして 淡嶋神社 かといいますと、
 『 男びな女びなの始まりは、淡島神社 のご祭神である少彦名命と神功皇后の男女一対のご神像であるとされています 』
とHPにあるように、お雛まつりとは縁が深く、毎年3月3日には雛流しの神事が執り行われている神社なのです。

この日、社殿にお祭りされているお雛様は、全国から奉納された役目をまっとうしたお雛様たち。
DSC00052.JPGDSC00060.JPGDSC00071.JPG
女性に担がれた白木の舟に乗せられて、
DSC00046.JPG
神の国(海)に行かれました。
男子には分かりませんが、お雛様というのは、女の子や両親にとっては、思い入れの深いものなのでしょうね。


ところで、この神社へ行った本当の目的は、雛流しじゃなくて、実はこの店 ↓ に行ってみたかったから (^^)
DSC00006.JPG
いつもブログを見せてもらっているbarbieさんアマさんnさんtake4さんが、揃って行かれていたお店です。
DSC00012.JPGDSC00017.JPGDSC00015.JPG
神社の参道脇にあるのですが、どう見ても魚屋か干物のお土産屋にしか見えません。
たとえ食堂だと気付いても、入るには少々勇気がいる雰囲気が漂っています (^^;
DSC00013.JPG
でも、いったん中に入ってしまうと、フレンドリーな雰囲気と、量と質の高さですぐに虜となるはず。
みなさんのブログを見ていると、フルコースだと相当の食いしん坊でも動けなくなるぐらいのボリュームだそうで、
僕らは、おとなしくミニコース+デザートとしましたが…
DSC00014.JPGDSC00016.JPGDSC00018.JPG
それでも、晩御飯が食べれないぐらいに満腹となりました。
料理人の牧ちゃんのレパートリーは500種以上あるそうで、
次回は “満足してもらうために1組限定” というディナータイムに行ってみたいですな (^^)


この日は、和歌山市内のホテルを予約していたので、
DSC00084.JPG
市内にある和歌浦天満宮の梅を見に行って、〆となりました。


nice!(26) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 26

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。